お腹がすいて眠れない…過度な我慢は禁物、飲み物でほっと一息

糖質制限ダイエットは急激な空腹感に襲われない利点のあるダイエットですが、胃が空けばどうしてもちょっとした空腹感を感じることは人間として仕方ありません。そんな時はナッツやチーズでしのぐのが原則ですが、タイミングによっては避けた方が良い時もあります。

特に夜中に目が覚めてしまい、空腹を感じた時。夜中に何かを食べることは、どんなダイエット中でも、ダイエットをしていない時でもオススメできません。消化のために内臓が動き、眠っている間も休むことなく働き続けて、結局は眠りの質を落としてしまいます。健康に良いとは言えませんよね。

でもこんな時は何かを胃に入れないと、苦しくて眠れないものです。どうしても我慢して寝るんだ!と思っても、夜中にお腹がすいたまま眠るのは何となく気分が落ち込んでしまいます。糖質制限ダイエットをしていない人ならホットミルクに蜂蜜を少しだけ……という胃の納め方もありますが、残念ながら牛乳も蜂蜜も、糖質制限ダイエットでは避けた方が良い食品です。

こんな時、落ち込んだまま布団に入って「おなかすいた~」とやるよりは、きちんと胃の中に何かを入れて納めてあげましょう。食べ物は流石にオススメできないのですが、ここではホットミルクのように、胃も精神も落ち着かせてくれる飲み物を紹介します。

牛乳は糖質が高めなので、糖質制限ダイエット中にはあまり歓迎できません。しかし似たような飲み物がありますよね。どこでも手に入る豆乳がそれにあたります。料理などでも牛乳と全く同じ使い方ができますし、良質の植物性タンパク質も多く含まれていますので、糖質制限ダイエット中にはぜひ利用してほしい食材です。

豆乳を電子レンジで温めて、人工甘味料を落とすだけで、胃も心もほっとする飲み物の出来上がりです。糖質量は許容範囲内ですし、温かくて甘みのあるものを飲むと落ち着くものです。空腹も落ち着きますし、朝までゆっくり眠ることができるでしょう。

この豆乳ドリンクは様々なアレンジが可能です。例えば、冷たい豆乳に青汁の粉末を溶かせば、食べ物だけで摂るのは中々難しい繊維質や野菜の成分が簡単に摂取できますし、何より飲みやすい。青汁って独特すぎて飲みにくいという人もいますよね。

甘い飲み物が好きな人ならココアが最適です。市販のココアには糖質が多いもの、少ないものが色々ありますが、糖質制限ダイエット中は砂糖などが添付されていない純正ココアを買いましょう。この純正ココアは粉末状です。ココアが好きな人は、この粉末ココアと砂糖、牛乳で好みのココアを作ることが多いようです。純正ココアの粉末を豆乳に溶かし、人工甘味料で甘みをつければ美味しいココアの出来上がりです。

豆乳は糖質制限ダイエットに大変優れた働きをしてくれます。朝ご飯を食べる暇がない時にコップに一杯飲むだけで、午前中の気持ちが変わります。通勤途中にお腹がすいて具合が悪くなることもありませんね。何より良質の植物性タンパク質を多く含んでいるので、筋肉を整えることにも繋がります。お肌にも良いという噂もありますし、一日にコップ一杯くらいは飲んでみても良いかもしれません。

何にせよ、過度な我慢は禁物です。いらいらしたり悲しい気持ちになると、「もうこんなダイエットやめてやる!」と思ってしまうかもしれません。それではもったいないですよね。どうしても我慢できそうにない時は我慢しなくていいんです。飲み物でほっと一息ついて、また明日から頑張りましょう。