糖質制限は一生の強い味方!困った時にはプチ糖質制限

ここまで糖質制限ダイエットについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。自分にもできると思いましたか?それともこれは自分には合わないなと思ったかもしれません。人それぞれではありますが、できそうだと思った人にはぜひ挑戦して頂きたいダイエットです。

導入期、減量期、回復期の後は維持期となり、この維持期には時間制限がありません。毎日の食事で適正な糖質を摂り、体重をコントロールしていくことが日常となります。どのダイエットでもこの維持期が一番難しく、人によってはリバウンドの屈辱を味わうことになります。

リバウンドをしてしまうと、痩せにくい身体になっているという話はよく聞きますし、実際にそれは事実です。一度リバウンドしてしまうと本当に痩せにくくなります。何より、ダイエット期間中の苦労を思い出して、またあの苦労をするのか……とモチベーションが下がってしまうことでしょう。

しかし糖質制限ダイエットは違います。このダイエットに成功した人は、確実に痩せられる方法を手に入れているのです。本当はリバウンドしないことが一番なのですが、長い人生、どうしてもちょっと戻ってしまうことがあっても仕方ありませんし、そこまで思い詰めることでもありません。

もし多少リバウンドしてしまったら、本格的にやっていた頃よりも少し緩いプチ糖質制限ダイエットをすると良いでしょう。余りにも取り返しがつかないほどにリバウンドしたのであれば再び本格的に始めることをオススメしますが、そこまでリバウンドしてしまう前にプチ糖質制限ダイエットをすることによって、簡単に自分の理想の体重に戻すことができます。

このプチ糖質制限ダイエットの利点は、身体が糖と脂肪をエネルギーに変えるという基本的な働きを覚えているため、効果がすぐに期待できるという点です。他のダイエットよりも速やかに効果が出ます。

プチ糖質制限ダイエットのポイントは、一日の糖質量を100g程度に抑えること。維持期には250g程度を摂っているはずですから、これだけでもかなり減らしていますよね。導入期や減量期の時のようにがっつりとした数字を目指さなくても、「多少落とせればいい」と言う時にはこの程度で充分です。そして短期間で効果が出るというお墨付きです。

糖質制限ダイエットは一過性のダイエットではなく、一生の健康管理にも利用できます。美容のためのダイエットだけではなく、健康になるための手段とも言えるでしょう。ぜひ方法をマスターして、長く活用して下さいね。